ブロック塀 簡易診断カルテ

平成30年6月18日、大阪府北部を震源とする地震によりブロック塀が倒壊し死亡事故が発生しました。

ブロック塀は街でよく見かける身近な存在ですが、厳しい自然環境のもと、年数と共に老朽化し、ひび割れや欠け・鉄筋の錆、塀の傾き等が発生します。

ブロック塀の所有者・管理者のみなさまにおかれましては、適切なブロック塀の管理に努めていただきますようお知らせします。

ブロック塀の簡易診断カルテを掲載致します。

現在のブロック塀の状況を自己点検できますので、ご活用下さい。


建物や塀が老朽化し、地震や強風で外壁材(特にタイル・モルタル)や、看板・ガラス等の落下が相次いでおります。地震発生時や強風時は、危険な建物から離れるなど十分にご注意下さい。


※今回のような事故を少しでも減らす為に、所有者・管理者の皆様には、外壁・塀のひび割れ、傾き、鉄筋のさび等を確認した場合は施工業者又は建築士等の点検を受け、必要に応じて改修等の対策をお願い申し上げます。